犬の日記

おいしいものとかおもしろいものとかいろいろ。

新作歌舞伎 NARUTO -ナルト- 観てきました~その1~

NARUTO歌舞伎を観に新橋演舞場へ行ってきましたー!!

歌舞伎初体験だったのでドキドキワクワク。

当日は台風が直撃しつつあったので移動がとにかく大変でしたがなんとか辿り着いて無事に観劇することができました。

まだこれから観る方も沢山いらっしゃると思うので本編のネタバレはしないようにちょろっと感想など(主に初歌舞伎・初新橋演舞場のこと)書ければいいなーと思います。

あくまで歌舞伎初心者の目線で書いているので目新しい話は無いかもしれないけどお付き合いいただければ幸いですー。

無駄に長いわりに演目の内容にはほとんど触れてませんwww

 

その2、その3はこちら↓

新作歌舞伎 NARUTO -ナルト- 観てきました~その2 食事編~ - 犬の日記

新作歌舞伎 NARUTO -ナルト- 観てきました~その3 お土産編~ - 犬の日記

 

新作歌舞伎 NARUTO -ナルト-

岸本先生描きおろしのキービジュアルの方は下にお客さんが常にいらしたので全体像の写真は撮れず…

幕間に来ればよかったんだと後で気づくなど。

事前情報でお弁当が早々に売り切れると聞いていたので早めに着くように出たんですけどバスやら電車やら遅れまくって普通に開演30分前に到着…

お弁当は無事買えました。

歌舞伎ファンの方でナルトをよく知らないお客さんもお弁当(特別弁当でナルト弁当とサスケ弁当がある)の列に並んでると「どっちがいいのかな、やっぱりナルトかな?」という感じだったのでさすがタイトルロール。

ナルト弁当の方が先に売り切れる事が多いのでお弁当買う方はお早めに。

あと、新橋演舞場の名物になっているらしい梵のサンドイッチ、今回は中村隼人監修の特別サンドイッチなのでこれも早めに買わないと売り切れちゃうみたいなんで、こちらもお早めにー。

幕間だと間に合わないかもしれないので、開演前に買っておいた方が良さそうでしたよ。

 

食事の内容も歌舞伎の醍醐味の一つっぽいので、分けてブログ書こうかなーと思ってます。

 

公演時間表

事前に公式ツイッターでお知らせもあったんですけど、会場内にも貼りだしてありました。

3時間ちょい。休憩含めると4時間オーバー。

舞台としては長丁場ですが、まぁ、オペラ一本見ると思えば大差はないかなーと。

  • 一幕・・・1時間30分
  • 休憩・・・30分
  • 二幕・・・1時間
  • 休憩・・・25分
  • 三幕・・・40分

ごはんは一幕と二幕の間の幕間に食べるのらしい。30分なので食事処に移動する場合は急がないと厳しそう~。

食事処の席と食事の予約もできるので事前に予約してしまうのも手かなーと思いました。ネット予約もできたし、当日ロビーで受付もしてました。

ちなみに私たちは今回桟敷席を取ったので、一人分は演舞場のお食事処の特製御膳を予約しました。

ネット予約でも必ず当日の開場時に受付で料金を支払わないとキャンセルになってしまうので要注意。

予約した名前を言ってチケットを見せて支払いを済ませたらあとは席で待つだけです。

一幕と二幕の幕間に合わせて桟敷席の棚に運んできてくれます。

棚と客席はカーテンで区切られているので気配はするけどそんなに気になりませんでした。

食事の内容はまた後程。

桟敷席

せっかくなので桟敷席とやらを体験してみようではないか!!

というわけで桟敷席で先行チケットの抽選に申し込んでみたら第一希望でご用意されてました。

やはり平日の昼公演はどのジャンルも取りやすいようで。平日休み万歳。

その代わり遊びに付き合ってくれる人は夫しかいないんですけどね…。

ナルトは夫も好きなので誘ったら乗って来てくれましたが、他のジャンルは基本ぼっち参戦なので帰り道が若干寂しいです。

別にいいけど。基本ぼっちだし。

これからも基本ぼっち。さみしくなんかない。

 

そうそう、桟敷席と一等席のチケ代が1000円しか変わらなかったので迷わず桟敷にしましたー。特に贅沢したというわけではなく。

先行抽選だと一等席で希望出してもどこの席に割り振られるかわからないので、確実な桟敷にしたという経緯もあり。

一等席でも観切れがあったりドブ席と呼ばれるエリアもあったりで、じゃあ桟敷でいいじゃん…てことになり。

今回は全体が見渡せる右側(上手)の配置になったんですけど、それも好みによるんですよね。

左側(下手)側の方が花道が近くて役者が近いからこっちが良いという人もいるし、近いけどキメシーンは客席中央に向かってやるから背中しか見えないって言う人もいるみたいなので。

 

チケット争奪戦はどのジャンルも賭けですなー。

確実に席を確保したければ先行抽選でチャレンジしないとだし、一般発売まで待てば席を選んで帰るし。かといって一般までチケットが余るかもわからないし。

それも含めて楽しむのが一番なのかもしれませんね。

 

まだこの後の公演も一般でチケット取れそうな感じので(一等席と桟敷のみですけど)興味がある方は是非~

 

新橋演舞場

新橋演舞場自体が初めてだったんですが、やはり花道と桟敷席があるので普通のホールとは違った雰囲気。

一等席でも席が選べるならわりと見やすそうだなーという印象。

あ、あと他のホールとの違いが箱の中にレストランが沢山入っているってとこですかね…

幕間にご飯を食べるのが当たり前らしいので、当然と言えば当然なんですけど。

ロビーでも机と椅子がセットになっているスペースがたくさんあって、色んな所で食事がとれるようになってました。

もちろんホール内での飲食も可です。これが一番驚いたー!

歌舞伎では当たり前みたいですけど、初めてのことで「ホントに?ホントにいいの?」みたいな。

聞くところによると、昔は上演中に食事している方も結構いたとか。今はほとんどの方が幕間に食べてらっしゃるみたいなので、時代と共にマナーと呼ばれるものは変化して行くのかもしれません。

ちなみに桟敷席にはお茶と湯のみがセットされているので観劇中にお茶飲んでました。

喉乾いたらペットボトルの飲み物飲んでも良いんですよ。売店にもそれ用にたくさん売られてたし。

思ってたよりもそういう所はカジュアルというか自由度が高いというか、格式云々より娯楽要素が高い部類に入るのかなーなんて思いながら過ごしました。

どちらかというと映画館と似てるのかな?なーんて思ったりも。

ま、それも最低限マナーを守ってこそだと思います。ビニール袋のガサガサ音とか匂いのきつい食べ物は控えようぜ!(当たり前

 

 筋書き

筋書と呼ばれる公演のパンフレットを買って幕が上がるまでのんびり待ちます。

これが結構読み応えがあって何度も開いては読んでます。

あらすじはもちろん、この舞台を作るにあたってのアレコレなんかも役者のインタビューと共に乗っていたりと読み物として面白かった。

もちろん役者の紹介も写真入りで載っています。

聞いた話によると、この筋書き、歌舞伎の場合だと一カ月くらい上演される間に舞台写真が載ったバージョンが後から発売されるとか。演目によりらしいけど、今回はどうなんでしょうねー。

ツイッターで見た情報だと、今回は上演後半でも筋書に舞台写真が載ることはないって言ってる人が何人かいたので無しなのかも。

その代わり舞台写真のブロマイドが通販できるらしい。なるほど。

 

時間差のサービスと言えば、歌舞伎ってイヤホンガイドが借りられるらしくて、今回のナルト歌舞伎でもあるんですけど、なんと13日以降の公演からとか…

それ以前の公演は無しです…残念。

アニメキャストの収録コーナーもあるみたいで聞きたかったなー。残念ー。

 

グッズ売り場は二階

結局舞台の感想は書かずに終わってしまいそうだ。

まぁ、いいか。

そうそう、ナルト関連のグッズは二階にあります。紙に欲しいグッズ一覧が印刷されているので必要な個数を鉛筆で書いて受付に渡すと用意してくれます。

写真のフィギュアはまだ監修中。

グッズは全国のジャンプショップでも買えます。会場限定はお菓子セットとグッズセットくらいかな。

とは言え中身は個別でも買えるものの詰合せなので実質会場でしか手に入らないものはそれが入っている不織布の袋くらいなので、まぁ、グッズ厨の人はジャンショ行けば大丈夫だと思うよ…

 

最後にちょっとだけ感想っぽい何かを書いておこう…

ナルト好きな人は展開がわかっているので、次はあのシーンやるかな?どう演じるのかな?という楽しみあり、原作と違う展開もありで混乱する所もありますが、全体を通してよくまとまってるなー!72巻を3時間でよくやったなー!!いう感想。(おおざっぱすぎる

3時間にまとめただけあって、歌舞伎オリジナルの展開もあったし、原作とは違うキャラクターの動きもあったけど、それを「これは原作とは違うから認められない!!」と言ってしまうのは野暮だよなーと思いました。

歌舞伎は歌舞伎で楽しんだもの勝ちだなって。

原作ファンとしても主演の二人がこの演目をどういう気持ちで作ったのか、ナルトのどの部分を核にして伝えたかったのかみたいなのは充分感じることができたので、私はとても楽しめました。

中には原作と違う部分がどうしても受け入れられない人もいると思う。

けど、それでもナルトっていう作品を歌舞伎にした意味を感じて楽しんで欲しいなぁ、みたいな気持ち。

 

おそらく推してるキャラが誰なのかによってもこの原作との違いを咀嚼して消化する時間が違ってくるとは思う。

でも全体を通してナルトのテーマみたいなものはきちんと中心に据えられると思うので、楽しんで欲しいなぁ。

まぁ、そうは言っても解釈は人それぞれなんだけどさ。

私だってもうちょっとあそこ掘り下げてほしかったなー!!という部分はある。あるけれども!!めちゃくちゃありますよ!!でもそれを言って楽しかったことを残念な思い出にはしたくないし、それこそ野暮ってもんでしょう。

 

私みたいにNARUTO歌舞伎でなかったら歌舞伎を観に行くこともなかった人、沢山いると思う。

今まで歌舞伎に縁のなかった人もナルトが縁で歌舞伎の世界を知って視野とか知識とか今まで知らなかったものを知るきっかけを与えてくれてありがとうという気持ちが大きい。

思い起こせば2.5次元も始まりはナルトだったな…(遠い目

 

実際、初めて歌舞伎観に行ったけどすごーーーーく楽しかった。

そしてこれは役者にハマるやつだ…とも思いました。要するに危ない沼です。

見にいく前までは役者の名前と言えば主演の巳之助と中村隼人と猿之助くらいしか顔と名前が一致しなかったのに一回見に行っただけで「この人の別の演目も観てみたい!!」ってなりましたもん…

 

おそろしい…

なにより生の舞台は良いですね!

是非、再演と全国公演して沢山の人に見て欲しい!!

 

4000字超えてしまったのでその2、その3へつづく。

新作歌舞伎 NARUTO -ナルト- 観てきました~その2 食事編~ - 犬の日記

riffxraff.hateblo.jp

 

新作歌舞伎 NARUTO -ナルト- 観てきました~その3 お土産編~ - 犬の日記

riffxraff.hateblo.jp