犬の日記

おいしいものとかおもしろいものとかいろいろ。おおまかな暮らしを推奨します。

自転車のサドルが壊れたので付け替えてみた

スポンサーリンク

f:id:keruberosxx:20170507171129j:image

ゴールデンウィーク最終日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私は連休中はずーーーーーーーっと仕事でしたので、最終日とかあんま関係ないんですけど。

 

連休とは全く関係ない事と言えば、昨日出勤途中に自転車のタイヤがパンクしました。

自転車に乗っててパンクするってこと自体は人生で二回目なのでなんとなーく「あ、これはヤバいやつ」という予兆も察知しすぐさま自転車を降りて押して移動してたんですけど時すでに遅し。

いやー、今回は破裂した場所がマンションとグラウンドの合間だったこともあり、破裂音がすさまじかったです。

前後左右を歩いてた人の注目を浴びてしまいましたが「パンクしましたけど何か」的な感じでやり過ごしてきました。

たまーに「どっかのバカが爆竹かなんかやってんだろ!うるせえな!!」的なパーン音はタイヤが破裂する時にも発せられますし車のバックファイヤーでもなりますので温かい目ならぬあたたかい耳で流していただきたく。

今時爆竹で遊ぶ子どもいないと思うんだけどつい思ってしまいがち(わたしだけか

 

パンクは流石に直すのに時間と道具と手間もかかるので近所の自転車やさんで直してもらいました。

チューブだけじゃなくて完全にタイヤも破損してたのでタイヤ交換に…

 

なんでパンクしたかっていうと、原因に心当たりがありすぎるんですけど、数日前から後輪(パンクした方)がゴトゴト言ってたんですよね。明らかに走るたびに何かが当たる音がしてるし、日に日にゴツゴツ感じるようになってきて、最終的には割れたと。おそらく当たってたのは空気バルブだと思う。

どうやら空気を入れすぎると圧の関係でバルブの所が出っ張るだかなんだかしてそこに負担がかかるらしくて。

気づいたときにすぐ空気圧を調整していればパンクは免れたかもしれません。

 

そういえば最近空気入れをちょっといいやつに買い替えたんだった…それかな…

空気の入れすぎには注意しましょう…

 

とまぁ、そんな事があり。まさかその日のうちにサドルまで壊れると思ってなかったのでちょっと泣いた。

 f:id:keruberosxx:20170507171648j:image

↑ここが折れました。

ポッキリいった。

わたしの全体重を受けていたせいか相当の負担がかかっていたことは否めません。

加えてここ数日のタイヤの不調でかなりゴトゴトした状態で走っていたため、このバネ部分にかかる重量たるや…

ちなみに私の自転車は小口径のママチャリなんですが、もしかしたら普通のサイズの自転車よりもサドルにかかる負担が大きいのかも。

まぁ、わたしの体重が重すぎるっていうのもあるんでしょうけどね。否定派しません。実際デブだしね!!

 

そんなわけで、家に帰って速攻で相方氏がネットでサドルを発注してくれたので翌日には新しいサドルが届きました。

 

f:id:keruberosxx:20170507171150j:image

古いサドルを自転車本体から外して、まずはポールとサドルをバラしているところ。

 

 

f:id:keruberosxx:20170507171216j:image

 外れました

 f:id:keruberosxx:20170507171656j:image

新しいサドル。

ヨドバシカメラの通販で夜のうちに注文したので翌日には職場に届きました。いつも助かります…ありがたい(涙

自転車やさんで直してもらってもよかったんですけどこれくらいなら10分もあればできると言われたので相方氏にすべてお任せすることに。

仕事の合間に直してもらいました。ありがとー。

 

 

f:id:keruberosxx:20170507171321j:image

自転車乗りには常識らいしんですけどサドルって角度が調節できるんですね…いままでやったことないんだけど!?!?

ここの角度が何段階かに設定できるらしい。

らしいんだけど1メモリが結構大きいみたいでよっぽどの事がないかぎり普通にまっすぐの状態でいいと思いました。

 

 

f:id:keruberosxx:20170507171139j:image

 

位置が決まったら増し締めして作業完了~

 

ホントに10分かそこらで出来ちゃいました。

またサドルが壊れても次は自分で付け替えられそうです。

ってそんなサドルが壊れるなんて事そうそうないと思いますけどね。

私はサドルが壊れたことは人生で初めてですね。

この先もないといいですね。

 

そんな感じで2017年のゴールデンウィークは普通に仕事してましたし自転車に翻弄されて終了いたしました。

現場からは以上です。