犬の日記

おいしいものとかおもしろいものとかいろいろ。

フィンランドが公式絵文字を発表。メタラーアイコンも!

スポンサーリンク

f:id:keruberosxx:20151105180239j:plain

これ、何だかわかりますか?(笑)

フィンランド外務省が公式に作って配布する絵文字の一つだそうです。

説明文には「The Headbanger」と書かれています。

髪を振り乱して踊るひと、そう、いわゆるメタラー(笑)

ちゃんと手がメロイックサインになってるし!

 

 

これの他にも、サウナに入っている男性、サウナに入っている女性、ノキアの携帯電話がお披露目になりました。他にも30種類ほどあるらしい。

これらの絵文字は12月からダウンロードが可能になるとか。

 


絵文字を政府公認で配布するのも世界初の試みで驚きなのに、そのお披露目にHeadbangerをもってくるあたり、さすがフィンランドだなーと思いました。他にも色々あるだろうに、あえてメタルを推してくるあたり、さすがです。

冗談っぽい事を大真面目にやらかす国民性もアピールしていきたいらしい…

 

finland.fi

 

北欧って本当にメタルの産地で、とくにフィンランドは国がテコ入れしているジャンルという事もあり、かなり沢山のメタルバンドが世に出てきている印象です。世界デビューしていないバンドを含めたらかなりの数になりそう。

というかジャンル間の境目もいい意味でごっちゃになっているんじゃないかなーと。

 

Nightwish(ナ イトウィッシュ)が出て来たあたりから、声楽科出身のヴォーカリストがメタルバンドで活躍するっていうのも珍しくなくなってきているんじゃないかなぁ。た しかちょっと前にトニー(トニー・カッコ)もオペラティックな歌い方をする女性ヴォーカリストとデュエットしてたような気がするし。

ターヤもナイトウィッシュを脱退してからソロでリートコンサートをやったりライブをやったり精力的にクロスオーバーで活動してますし。

Apocalyptica(アポカリプティカ)なんてチェロでメタルやってるし(笑)

 

そうそう、忘れちゃいけない!Stratovarius(ストラトヴァリウス)のベーシスト、ラウリはシベリウスの曾孫ですしね!!

メタルもクラシックもどちらも好きな私からすると、とても素晴らしい環境に思えるんですが、フィンランドのクラシックファン、メタルファンはどんな心境というか受け取り方をしているのか、とても気になります。

もちろん両方好き!っていう人も多いと思うんですが、どちらか一方に傾倒している人が政府のこういったアピールにどんな感想を持っているのかがとても気になっています。

だってこの絵文字だって外務省主導でやってるなら税金で作って配布するわけだし…

 

そういうのはやっぱり実際にフィンランドに行くか、色んなフィンランド人から話を聞いて見るしかないんだろうな~。

フィンランドはもちろん、北欧の音楽シーンに興味津々なので少しずつ勉強していきたいと思っています。

スェーデンやノルウェーになんでブラックメタルがこんなに栄えたのか、とか。ブラックメタルはあまり得意ではないんですが、逆に気になってしまって。

 

こういうの、大学時代にもっと掘り下げて研究すればよかった…(TT)
せっかく専門書に専門家がうようよいる環境だったのに、なにをやってたんだ4年間も。

 

日本の音大でメタルの授業が行われる日ははたして来るのでしょうか…

母校でも専科にジャズが加わったのは最近だし、メタルは、、、無理かなぁ~^^;

 

まずはメタルを教えられる人が出てこないとダメだもんな~

まだまだこれから発展するジャンルということで、気長にメタルというジャンルを応援して行こうと思います。

もしかしたらラウリが招聘教授とかで授業する日もくるかもしれないしね?!?!

待ち遠しいな~。

 

ジャパメタもちょっと聞いて見ようかな、、、文化の発展の為に、、、